船旅

さんふらわあの相部屋|ツーリストの感想と必要なもの【コンセントは?】

さんふらわ ツーリストの感想 コンセント

フェリーさんふらわには色々なタイプの客室があります。その中でも複数人の相部屋なのがツーリストです。

本記事では【実際に私がさんふらわのツーリストを利用した感想と必要なもの】について解説しています。

私が乗ったのは大阪↔志布志間を運行しているさんふらわ(フェリー名: さつま・きりしま)です。
これからに志布志に行かれる予定の方は特に参考になるかと思います。

本記事がおすすめの方

  • これからフェリーさんふらわに乗船予定。
  • ツーリスト(客室)を利用した感想に興味がある。
  • 持っていくべき物やコンセントがあるか知りたい。

上記に当てはまる方は是非、最後までご覧くださいませ。

さんふらわあのツーリストに泊まった感想【コンセントはある?】

さんふらわあのツーリストに泊まった感想とコンセントはあるかについて

それでは早速ですが、さんふらわのツーリストに泊まった感想をご紹介していきます。

ツーリスト(客室)について

さんふらわ ツーリストの客室

上記の画像がさんふらわのツーリストです。14名以上の方との相部屋になります。

中は綺麗に清掃されており、清潔感がありました。畳になっているので入り口で靴を脱いで入室する必要があります。

さんふらわ ツーリスト カードキー

部屋には乗船手続きの際に貰えるカードキーで自由に出入りできます。

個人スペースはそこまで広くない

さんふらわ ツーリスト 個人スペース コンセント

乗船した時のチケットに番号が書いてあるので、その番号のスペースを使うことができます。

正直な話、個人のスペースはそこまで広くは無かったです。人ひとりが横になれる最低限のスペースと言ったところです。

隣とはカーテンで仕切ることができます。

ツーリストの個人スペースにコンセントがある

ツーリストの個人スペースには1つコンセントがありました。充電ケーブルがあればスマホなどの充電は可能です。

他には枕・シーツ・折りたたみのマットレス・掛け布団があるので自分でセッティングして利用します。
ハンガーもありました。

飲食する場合は館内のテーブルやソファは利用しよう

ツーリストの中にはテーブルやソファーはありません。

食事などでテーブルを使いたい場合は、船内のロビーを利用しましょう。

さんふらわ ツーリストの飲食について

さんふらわには各所にテーブルとソファーが設置されているので、場所に困ることはないかなと思います。

荷物が多い場合はロッカーに預けられる

さんふらわ コインロッカー

さんふらわの船内には上記のようなロッカーが設置されています。

ツーリストの個人スペースは広くないので、大きな荷物がある場合はロッカーに預けるのが良いでしょう。相部屋なので防犯が気になる方もロッカーに預けるのが良いかなと思います。

コイン返却式なので無料で何回も出し入れが可能です。

相部屋なので物音や光は結構気になる

ツーリストは他の方との相部屋になります。人の出入りもあったりするので、物音や光は結構気になります。

寝る時に音や光が気になる方は、耳栓やアイマスクは持っていったほうが良いでしょう。

アメニティは自分で用意する必要がある

個室と違ってツーリストには歯ブラシやタオルなどのアメニティが付いてきません。

その為、アメニティ類は自分で用意する必要があります。

大浴場やシャワールームを使う予定の方はタオルを忘れずに持っていきましょう。

速乾のバスタオルがあると便利です。

ツーリストはコスパが非常に良いと思う

ツーリストは複数人での相部屋ですし、個人スペースもそこまで広くありません。個室と比べると使い勝手が悪いと感じる方も多いと思います。

ですが、その分料金は安いです。お得に船旅をしたい方にとっては、ツーリストは非常にコスパが良いと思います。

さんふらわあ 大阪・志布志までの料金と時間
さんふらわあ|大阪から志布志までの料金と時間【弾丸で格安の割引あり】

フェリーさんふらわを利用することで大阪と鹿児島の志布志を行き来することができます。 ですが、初めて利用する場合、料金や時 ...

続きを見る

ツーリストに泊まる時に持っていった方が良いアイテム【必要なもの】

さんふらわ ツーリストに泊まる時に持っていった方が良いもの

上記でも少し触れましたが、さんふらわのツーリストに泊まる時に持っていった方が良いアイテムは下記の通りです。

  • 耳栓
  • アイマスク
  • タオル類
  • 歯ブラシなどのアメニティ類
  • 充電ケーブル

それぞれご紹介していきます。

耳栓

物音が気になる方は耳栓は必須です。私も持っていきました。

いびきをかく人と相部屋になる可能性もあるので耳栓は必須と言っても良いでしょう。

アイマスク

ツーリストの個人スペースでは部屋全体の明かりは管理できません。光が気になって寝れないという方は、アイマスクは持っていった方が良いでしょう。

タオル類

ツーリストにはタオルが付いてないので自分で用意する必要があります。

乾かすスペースも限られているので、すぐに乾く速乾のバスタオルがおすすめです。

歯ブラシなどのアメニティ類

さんふらわのツーリストには歯ブラシなどのアメニティ類が付いてきません。歯ブラシセットは必需品と言えるでしょう。

充電ケーブル

ツーリストの個人スペースにはコンセントが付いてるので、充電ケーブルを使うことができます。

しかし、コンセントは1つしかありません。複数機器を同時に充電したい方は同時給電できるケーブルを持っていくのがおすすめです。

巻取り式のケーブルは持ち運びしやすくて便利です。

最後に

さんふらわあの相部屋|ツーリストの感想と必要なものについてのまとめ

本記事では【さんふらわのツーリストを利用した感想と必要なもの】について解説してきました。

正直な話、ツーリストは個室と比べると使い勝手はあまり良くありません。横になれる最低限のスペースといったところです。
その分料金は安いので、お得に船旅をしたい方にはピッタリの客室と言えるでしょう。

また、ツーリストは複数人で利用するので物音などはどうしても発生してしまいます。寝る時に音や光が気になる方は耳栓やアイマスクを準備しておくのが良いでしょう。

本記事の内容が少しでもさんふらわに乗船する時の参考になれば幸いです。


本記事で紹介したアイテム

大阪から志布志へ さんふらわに乗ってフェリー旅
「さんふらわあ」大阪から鹿児島の志布志へフェリー旅に行ってきた【レポ】

「さんふらわあ」を利用することで大阪から鹿児島の志布志までフェリーで行くことができます。 今回実際に大阪から志布志までフ ...

続きを見る

-船旅
-, ,