カメラ機材

Leofoto(レオフォト)の小型三脚 LS-223Cをレビュー【LH-25とセット】

Leofoto(レオフォト)の小型三脚 LS-223Cをレビュー

Leofoto(レオフォト)は、中国の撮影機材メーカーです。三脚や雲台など数多くの撮影機材を販売しています。

本記事ではそんなLeofotoの三脚の中から【LS-223C】をレビューしていきます。

私自身、普段からLeofotoのLS-223Cを愛用しており、実際に使用した経験をもとにして本記事を書いています。

本記事の内容

  • Leofotoの小型三脚 LS-223Cを実際に使用してのレビュー
  • 機能面や使い勝手
  • Leofotoの雲台【LH-25】と合わせての使用感
  • 口コミや評判
  • 価格(定価)
  • どんな人におすすめできるのか

上記のように網羅的にレビューしておりますので、是非最後までご覧くださいませ。

Leofoto(レオフォト)の小型三脚 LS-223Cをレビュー【LH-25とセットで購入】

Leofoto(レオフォト)の小型三脚 LS-223C

上記の画像がLeofoto(レオフォト)の小型三脚【LS-223C】です。

それでは早速レビューしていきます。

LS-223Cのスペック

まずは簡単にLeofotoのLS-223Cのスペックをご紹介していきます。

  • 全伸長(最も伸ばした時): 31.0cm
  • 最も低い時の高さ: 4.5cm
  • 収納する時の長さ: 20.0cm
  • 段数: 3段
  • パイプ径: 22/19/16mm
  • 材質: カーボン
  • 耐荷重量: 10kg
  • 重量: 540g

LS-223Cは一般的な三脚とは違ってコンパクトな小型の三脚です。

購入時のパッケージや付属品など

Leofoto LS-223C パッケージ

上記がLeofotoのLS-223Cを購入した時のパッケージです。

LS-223Cには自由雲台のLH-25がセットになっているものがあり、私はそちらを購入しました。雲台とセットで購入すると少しお得に購入できますよ^ ^

Leofoto(レオフォト)LS-223C 付属品

上記の画像はLS-223Cの付属品です。

  • 専用メンテナンス工具
  • 六角レンチ
  • スパイク石突
  • 説明書・保証書
  • 専用の収納ケース

工具などのメンテナンスに必要なものは完備されています。

さらにLS-223Cにはスパイクの石突も付属しています。岩場や磯などで三脚を使いたい人にとっては、かなり重宝するかと思います。

Leofoto(レオフォト)NP-50

雲台とセットの場合は、上記にプラスして雲台とクイックリリースプレート(NP-50)が付いてきます。

Leofoto(レオフォト)LS-223C ショルダー収納

LS-223Cには三脚を収納できる専用のケースも付属しています。肩に掛けるベルトも付いているので持ち運びにも便利です。

レオフォト LS-223Cの収納ケース

専用のケースは三脚に雲台(LH-25)を付けたままでも収納できるサイズ感です。

機能面や使い勝手

Leofoto(レオフォト)LS-223C 使い勝手

LeofotoのLS-223Cは、非常にコンパクトな小型三脚です。三脚の足を全て伸ばしても30cmほどの高さに収まります。

カメラバックにも余裕を持って収納できるので持ち運びしやすいです。

Leofoto LS-223C カーボン

素材はカーボン製で作りもしっかりとしています。耐荷重も10kgあるので多くのカメラやレンズで使用できます。

Leofoto(レオフォト)LS-223C ローアングル

LS-223Cは三脚の足の角度を大きく開くことができます。ローアングルからの撮影もしやすいですよ。

自由雲台LH-25と合わせての使用感

LeofotoのLS-223CとLH-25

上記はLS-223Cとセットで販売されているLH-25を付けた写真です。雲台を付けてもコンパクトですね。

LS-223C サイズ感

雲台を付けた状態でも非常にコンパクトなので持ち運びしやすいです。

LeofotoのLS-223CとOM-1

実際にLS-223Cにカメラをセットしてみると上記の感じになります。

OM SYSTEMのOM-1にM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROをセットしています。結構大きな装備ですが、ブレることなく安定して使えています。

Leofoto LS-223C ハイアングル

上から見下ろすハイアングルでも使えます。

Leofoto LS-223C ローアングル

上記のように三脚の足を開いてローアングルからの撮影にも便利です。LS-223Cは最低の高さが約4.5cmなので、かなり低い位置から撮影することができます。

LH-30とも使える

Leofoto LH-30LH-25の耐荷重は6kgです。大きいカメラやレンズを使われる方は、LH-30を使うのもおすすめです。

LH-30は耐荷重が15kgあるので、より安定感を持って使用することができます。

Leofoto LS-223CとLH-30

私も実際にLS-223CとLH-30を一緒に使うことがありますが、問題なく使用できています。

Leofoto(レオフォト) 自由雲台 LH-30 レビュー
Leofoto(レオフォト)の雲台 LH-30をレビュー【LS-254Cと使う】

Leofoto(レオフォト)は撮影機材を販売している中国のメーカーです。カーボン製の三脚や雲台など数多くの商品があり、最 ...

続きを見る

別売りのセンターポールで長さを伸ばせる

Leofoto LS-223CとDC-252C

LS-223Cは最長が31cmほどの三脚なので高さはありません。

ですが、Leofotoから販売されているセンターポール(DC-252C)を使えば、上記の写真のように長さを伸ばすことも可能です。

LS-223CとDC-252Cの組み合わせ

センターポールを伸ばせば、60cmくらいまで高くすることができます。

高さを調節して使いたい方は、LS-223Cと一緒にセンターポール(DC-252C)を買うのもありですね。

LS-223Cはコンパクトで便利な小型三脚

LS-223C コンパクトさ

私自身、LeofotoのLS-223Cを普段から使っていますが、コンパクトで便利な三脚だと感じています。

特に下記の場面では使いやすいですね。

  • 卓上三脚として使う時
  • 花などのマクロ撮影
  • ローアングルからの撮影
  • 大きい三脚を持ち歩きたく無い時

LS-223Cは普通の三脚と違って小型なのが最大の特徴です。

その為、色々な使い道ができる便利な三脚と言えます。

カメラバックにも収納しやすい大きさで気軽に持ち出せるのも嬉しいですね。

Leofotoの三脚はカーボン製で作りもしっかりとしているので長い間使えます。LS-223Cは小型三脚を探している方にはピッタリだと思います。

Leofoto LS-223Cの評判や口コミ

Leofoto(レオフォト)LS-223Cの評判と口コミ

Leofoto(レオフォト)のLS-223Cに興味がある方は、やっぱり口コミや評判は気になりますよね?

LS-223Cは基本的に良い評判が多い三脚です。ですが、一部悪い評価もあったのでご紹介していこうと思います。

悪い評価や口コミ

小型の三脚なので使用シーンを選ぶ三脚です。
LS-223Cは安定感がありますが、小型三脚にしては少し重いと感じました。

良い評価と口コミ

LeofotoのLS-223Cは、カーボン製で作りもしっかりとしていて安定した撮影ができています。
コンパクトな三脚でカメラバッグの中で場所を取らないので気楽に持ち出せます。
マクロ撮影やローアングルからの撮影など幅広いシーンで使える三脚で重宝しています。

価格(定価)について

Leofoto(レオフォト)LS-223Cの価格

Leofoto(レオフォト)LS-223Cは、定価で30,250円ほどになります。LH-25の雲台付きのセットだと33,000円です。(※価格は変動している可能性もあります)

雲台とセットでも値段はそこまで変わりませんね。

Leofotoの三脚は販売サイトやショップなどで多少金額が違ってきます。

Amazonや楽天などのネットショップだと比較的安価に購入することが可能です。

私もネットで購入したのですが、LS-223CとLH-25のセットが20,000円ほどでした。定価より1万円以上安かったです。

ネットショッピングで買うとポイントもガッツリ付くので、お得に購入したい場合はネットショッピングがおすすめですね(^ ^)

LS-223Cをおすすめできる人

LeofotoのLS-223Cをおすすめできる人

上記ではLeofotoのLS-223Cのレビューや口コミをご紹介してきました。

それらを踏まえて、下記に当てはまる方には非常におすすめできる三脚と言えます。

  • 小型でコンパクトな三脚を探している
  • カーボン製で作りがしっかりとした三脚が欲しい
  • 卓上三脚として使いたい
  • マクロ撮影で使える三脚が欲しい
  • ローアングルからの撮影がしたい
  • カメラバックに収まる三脚が欲しい

LeofotoのLS-223Cは、小型でコンパクトな三脚なので幅広いシーンで使いやすいです。

マクロ撮影・ローアングル撮影などをしたい方には、とてもおすすめの三脚です。

カメラバックに余裕を持って収納できるサイズ感なので、持ち運びしやすいのも嬉しいですよね。

カーボン製で作りもしっかりとしているので、安定感や堅牢性を求めている方にもピッタリの三脚と言えます。

普通の三脚を既に持っている方の2本目の三脚としてもおすすめです。撮影の幅が広がりますよ^^

最後に

Leofoto(レオフォト)の小型三脚LS-223CとLH-25のレビューのまとめ

本記事では、Leofoto(レオフォト)の小型三脚【LS-223C】をレビューしてきました。

いかがだったでしょうか?

Leofotoはプロの写真家も使われているブランドだけあって品質が高いです。

カーボン製の小型三脚を探している方にはLS-223Cはピッタリだと思います。

値段もネットショップ等で買えばそこまで高くないので、お買い求めしやすいのも嬉しいですね^^

本記事のレビューが少しでも参考になれば幸いです。


Leofoto(レオフォト)LS-254C ブログ レビュー
Leofoto(レオフォト)のLS-254Cをレビュー【カーボン三脚】

Leofoto(レオフォト)は、中国の撮影機材メーカーです。三脚や雲台などの撮影機材を数多く販売しています。 本記事では ...

続きを見る

-カメラ機材
-, , ,